緊急・防災情報発信代行サービス

pixta_13919251_M

「今、そこで、何が起きているか伝えたい」防災行政現場は刻一刻と対応が迫ら れる災害に対する対応を行いながら、市民に知らせるために防災情報の 入力を 行わなければなりません。災害時は業務が膨大になるため、悩みを抱える防災行 政現場は多いです。その課題をレスキューナウが解決できま す。緊急時だけ でなく、平時(夜間・休日)の情報配信を24時間365日稼働の「危機管理情報セ ンター(RIC24)」の情報配信に精通した専門 スタッフが情報受付・入 力・発信の業務を代行いたします。

住民向けメール配信や防災WEBページへの迅速な反映、協定先のケーブルテレ ビ放送に配信可能。さらに国内有数のポータルサイトや携帯電話サービスへの 発信も同時に実現できます

運用フロー

1.通知

自治体のご担当者様からレスキューナウ危機管理情報センター(RIC24)にFAX、メールなどで事象発生・状況などをご通知ください。通知内容を、完全原稿でご提供いただく必要はありません。

2.代行入力

通知情報をもとに、危機管理情報DBシステムに当該情報を入力。レスキューナウの専門スタッフがテキストを作成します。

3.データ配信

住民向けメール配信システムや防災情報WebページのCMS、ケーブルテレビ放送用システム向けに随時情報を配信します。

4.多くの住民に伝達

情報が掲載された住民向けメールやWebページ、ケーブルテレビ番組、大手ポータルサイトや携帯電話サイトを通じて、より多くの住民に情報が伝達されます。防災情報を扱う様々なシステムとの配信連携が可能です。