デジタルサイネージ

trainsign2-thumb-600x450-3042

市場が拡大し続けているデジタルサイネージ

屋外の大画面表示機、あるいは公共交通機関、金融機関等においてインフォメーションや広告用として設置されたディスプレイにも。情報通信技術(ICT)を活用して映像や情報を表示する媒体がデジタル・サイネージです。近年の通信ネットワークの発達を背景に、その需要は急速に拡大しつつあります。
表示内容を常に最新情報に更新でき、また設置場所の地域性や、視聴者の年齢・性別などに的を絞った情報を配信できるという特性から、ターゲットによりマッチする映像情報を表示できるのが特長である反面、何を表示すべきか、というお悩みをお持ちのお客様も少なくないようです。

レスキューナウのピンポイント情報はサイネージに最適

レスキューナウが日々ノンストップで収集・配信する情報は、まさにピンポイント情報。とりわけデジタル・サイネージ業界での表示コンテンツとしての親和性は高く、当社からの提案は、上記のようなお悩みをお持ちのお客様のニーズと合致しております。
当社サービスをご採用いただいたデジタル・サイネージ提供企業様が、視聴者にとって有用な最新の危機管理情報を提供されることで、設置地域や店舗を運用されるクライアント企業様のさらなる顧客満足度向上に寄与しております。

ご利用事例

株式会社ニッポンダイナミックシステムズ様では、デジタル・サイネージ向けコンテンツ配信サービス「ez-コンテンツ」において、2011年からレスキューナウの情報をご採用いただいております。機器が設置された地域やクライアント企業様の店舗では、最寄駅を起点とした鉄道運行情報を表示する等、来訪される方々へのサービス向上のためにご活用いただいており、その一例を紹介いたします。
写真は貴金属販売会社の店頭への導入事例です。

最新のニュースのみならず、当社からの天気予報、鉄道情報や地震情報、台風情報を表示することで、価値ある情報発信メディアとして、お客様へのサービス付加価値向上に日々お役立ていただいております。