アドバイザリーサービス

危機管理の「コンサルティング」でなく「コーチング」。
だからリーズナブルで実効性のある危機管理初動体制の構築が可能です。

DSCN0309

レスキューナウは、24時間365日稼動する危機管理情報センターの運用過程において、独自の初動対応ノウハウを蓄積してまいりました。 そのノウハウを、法人の危機対応を担うお客様にも活用していただきたいと考え、メニュー化したのが「アドバイザリーサービス」です。

お客様のBCPの策定にコンサルティングを行いたくさんのファイルを作成しても、危機発生時に十分活用できるかは疑問です。まずお客様のできる範囲からBCPを組み立てることが重要だ、とレスキューナウは考えています。また、危機発生時に一番重要な部分はBCP全体よりまず「初動の対応」です。

レスキューナウのアドバイザリーサービスは、危機管理の初動対応部分をお客様が作成することを、蓄積したノウハウでお手伝いする事を目的としたサービスとなっています。

初動対応手順のひな形の活用で、策定は容易に

「BCP策定をコンサルタントに依頼したいが、予算が潤沢に確保できない。」「BCPは策定済みだが、自社で作成したものなので実際に運用可能かどうか専門的見地でのアドバイスをしてほしい。」といったお悩みをお持ちの危機管理担当者の方は多いのではないでしょうか。

アドバイザリーサービスでは、法人において初動時に行うべき対応を以下の3つに大別し、これらを誰でも実施できる手順として体系化するため、最適なひな形を取り揃えております。

  1. 発生した危機の状況把握
  2. BCPを発動するための意思決定
  3. 対応メンバー間のコミュニケーション

ひな形活用によってお客様の計画策定を支援し、実効性のある初動体制の構築を実現していただくのが特長です。

サービスの特長

低コストで対応力強化を実現

ひな形による手順の策定作業はお客様にお進めいただき、レスキューナウはアドバイスに徹するため、高額なコンサルティング費用は必要ありません。最低限必要な対応力の強化を、低価格で実現していただくことが可能です。

短期間で導入可能

導入にかかる期間は半年程度であり、長期にわたるプロジェクト体制による時間的拘束は不要です。

専門企業ならではの経験値を活用

危機対応の経験をお持ちでないご担当者でも、本サービスで推奨する初動対応手法に則って計画を立案していただくことで、お客様独自の危機管理手法を構築可能です。

計画の理解浸透と改善のサポートには、別サービスも用意

アドバイザリーサービスにより立案された計画の運用をより確実なものにするため、多彩な防災訓練メニューを用意しているサービスもございます。詳細はこちらをご覧ください。