BCPやマニュアルの運用の問題点を訓練で検証

DSCN0322

「策定されたBCPや運用マニュアルに、実運用上の問題はないか」「毎年実施している防災訓練が形骸化しており、社内の意識をもっと向上させたい」 お客様のこのような不安やお悩みを、レスキューナウの「防災訓練実施支援サービス」が解決します。

計画にとどまらない、BCP運用のための具体的施策

「意識の向上」「手順の習熟」「問題点の洗い出し」と結果評価による施策の提示 訓練実施前にテンプレートを提供、その内容をもとに打合せを実施した上で、組織ごと、組織横断のいずれかの実施方法を決定します。

訓練を通して「危機管理意識の向上」、「手順の習熟」、「BCP運用上のボトルネックの洗い出し」等が期待でき、結果を評価することで「絵に描いた餅」でないBCPとするための具体的施策を示します。

drill_image_001

メニュー例

レスキューナウが別途提供する「アドバイザリーサービス」によって策定されたお客様の初動対応手順を、本サービスの実運用訓練により検証していただくことで、より有効なBCP・防災の構築を実現していただけます。

1)情報収集・意思決定・報告訓練(モックディザスター)

災害時、対策本部では、応急・復旧対策方針、事業継続計画の発動範囲の決定など多くの重要な意思決定が求められます。そのための情報収集や報告も重要です。本訓練により判断精度や報告力を向上強化します。

drill_image_002
2)機能別訓練(ファンクショナルトレーニング)

災害対策本部や緊急対応チームを対象に、特定分野にスポットをあて、詳細な手順を確認する訓練です。本訓練により個別の防災・危機対応能力を具体的に向上強化します。

drill_image_003
3)危機管理意識向上トレーニング(クロスロード)

経営陣や現場マネージャーの方々が、自ら考え判断する擬似環境を体験することで、防災意識・危機管理意識を高めるものです。進むべき方向性についての気づきを得ることができる、という大きな利点があります。

drill_image_004