安否確認サービス

レスキューナウ危機管理サービス

大災害等の発生時に事業を継続・復旧するためには、従業員の安否を迅速に把握することが必要です。

pixta_3581204_M

レスキューナウの安否確認サービスは、混乱が予想される緊急時の使用を想定し、三択方式による簡単な回答操作を採用しています。

その回答集計結果は、関係各所との連絡や対策チームの立ち上げに従事する管理者の方が、場所を選ばず確認できるよう専用WEB上で一覧表示され、回答内容への個別指示メールの送信、一斉メール指示もできる「コミュニケーションツール」として、企業・学校・自治体等、多くの法人のお客様にご利用いただいております。

ASPサービスにより提供いたしますので、お客様側でサーバーをはじめとする専用システムをご準備いただく必要はありません。導入までの日数の削減と、低予算でのご利用を実現いたします。

安否確認サービスの必要要件

anpi_image01

レスキューナウの安否確認サービスならではの3つの特長

【特長1】
24時間情報メールを配信

レスキューナウが運営する危機管理情報センター(RIC24)が、日々監視している自然災害、大規模な停電や大事故など、法人にとって大きなリスクとなる事象の発生情報をご利用いただくことができます。

【特長2】
日常から利用できる豊富な機能

日々の鉄道の運行情報や気象注意報・警報などもメールで受信することができます。情報を得ることによる危機回避での利用はもとより、普段からの情報取得が、サービス利用自体の備忘効果につながります。 また、安否確認後の一斉メール指示以外にも、日常のコミュニケーションツールとして、お客様が任意でシステムを起動して、登録者に一斉連絡をすることも可能です。

【特長3】
メールアドレス管理

日々のRIC24からの情報を安否確認対象のユーザが受信できていれば、いざというときにアドレス変更等で安否確認メールを受け取れない、という状況を回避することができます。めったに起動しない安否確認サービスだからこそ、陥ってしまいがちなリスクを回避できる有効な特長といえます。

ユーザーの回答は3アクション

anpi_image02

災害時安否確認のながれ anpi_image03

専門会社が考えた危機管理での運用をふまえた充実の安否確認基本機能

自動で起動。携帯電話から集計確認

管理者の被災も考慮して、地震発生時には安否確認が自動で起動されます。また、管理者には起動の通知メールが配信され、携帯電話からでも集計結果を閲覧することが出来ます。また、管理者が任意で手動起動することも可能です。

シンプルな回答で簡単に安否を登録

回答はABCの3択リンクをクリックするだけなので、メール受信から2クリックで現在の状況を登録できます。

 安否確認後の指示・連絡にも利用可能

応答状況に合わせた個別指示メールの送信、安否確認後の全社的な指示や、部門内の連絡等が出来るよう、登録者に宛てたメールを一斉で送信できます。

 個人情報の管理

ユーザーの個人情報は、厳重な管理が行き届いたデータセンターに保管されています。メールアドレスは管理者も見ることが出来ないなど、情報漏えい対策が徹底されたシステムになっています。

 そのほかの機能

●家族安否確認機能 ●英語機能(オプション) ●危機管理情報メールの提供
●複数メールアドレス登録 ●指示(おしらせ)メール機能 ●新型インフルエンザ対策機能

運用をサポートするオプションサービス

anpi_image04

導入説明サポート

当社より担当者を派遣し、サービスの概要、利用方法などを解説する説明会を実施いたします。

運用管理サービス

お客様が安否確認サービスを運用管理される際に生じる様々な課題(組織変更や事業所の改編等)を解決するため、運用作業をお手伝いします。

防災カード

安否確認の操作方法や災害対応時の手順などを記載した携行用防災カードを作成いたします。