危機管理情報を俯瞰的に把握し、迅速的確な対応判断を支援します。

図4

「平成27年9月関東・東北豪雨」の表示画面例(参考)

「レスキューWeb MAP」は、レスキューナウが提供する多彩な危機管理情報をデジタル地図に自動表示することで、災害情報分野でのデジタル地図に期待されてきた即時性、情報の質・量をともに実現したソリューションです。

「レスキューWeb MAP」によって、被災地の状況を地図上で一元的に俯瞰して把握することができるため、危機管理担当者はその後に控える必要な対応判断に、これまで以上に専念することができるようになります。

拠点情報と災害状況を地図上で確認

これまで災害情報分野でのデジタル地図の利用は、お客様の集めた情報を地図上にプロットする機能に主眼が置かれていたため、本来の目的である「地理情報と危機管理情報を視覚的に把握する」までに多くの作業時間を要してしまうなどの課題がありました。また、大規模災害時には、速やかな状況把握と対応判断が求められる一方で、被害状況や交通、ライフラインなどの情報収集作業にも多くの時間を要するのが現状です。

「レスキューWeb MAP」は、レスキューナウの配信する危機管理情報に加え高解像度降水ナウキャスト等の情報もデジタル地図上に描画できます。また、地図表示のメリットを活かし、お客様が自社の全国の事業所等、任意の拠点情報を登録しておくことが可能です。RIC24が配信する危機管理情報をトリガーとして、広域災害時に影響が懸念される拠点の抽出が地図上で瞬時に行えることとなり、初動対応時のユーザーの負荷軽減に大きく貢献します。

図1

画面向かって左側の「危機管理情報パネル」、中央の「MAP領域」、右側の「拠点パネル」が相互に連動しており、それぞれの視点からの災害状況の確認、把握に柔軟に対応できます。

図2

「拠点パネル」で全ての拠点情報から被災が懸念される拠点だけを抽出表示できます

サービスの特徴

提供情報

気象災害情報

特別警報・気象警報・気象注意報、東海地震関連情報、地震情報、火山情報、津波情報、全般気象情報、土砂災害警戒情報、河川洪水情報、記録的短時間大雨情報、竜巻注意情報、台風情報、高解像度降水ナウキャスト*1

交通情報

鉄道情報、フライト情報*2、フェリー情報*3、交通障害情報

生活安全情報

健康安全情報、光化学スモッグ情報、新型インフルエンザ情報、製品安全(リコール等)情報、防犯情報

緊急情報

緊急情報、避難情報、ライフライン情報、セキュリティ情報、通信・システム障害情報、火災情報

*1)レスキューWeb MAPでご利用いただけます。
*2*3)レスキューWeb でご利用いただけます。
※「レスキューWeb MAP」ご利用にあたっては「レスキューWeb」のご契約が別途必要となります。詳しくはお問い合わせください。