ステータスChecker

クラウドツールが状況を集約、課題を管理。

東日本大震災では拠点が広範囲にわたり同時多発的に影響を受けました。限られた課題に対応する平時と違い、災害時は課題そのものが時系列に沿って変化します。「いま何が課題なのか」を見失うと、目の前の対応に追われ、事業継続を実行することができなくなります。
レスキューナウの「ステータスChecker」は、手順の定義、発災トリガー、手順の実行支援やシンプルな報告インターフェース、直感的な集計画面など多くの機能を持った、あたらしい情報共有ソリューションです。災害対策本部と拠点をつなぎ、お客さまの迅速な把握をささえます。

被害状況の報告指示を自動・手動で送信

地震情報をもとに対象拠点へ自動で被害報告指示をメール配信。訓練時・災害時の手動配信も可能です。

被害状況は深刻度で色分け表示

深刻な被害の拠点はレッド、深刻でない場合はイエロー、被害無しはグリーンで表示。

ご利用イメージ

ステータスCheckerは「社内情報」を扱うサービスです。

災害対策に必要な情報には①従業員の安否確認、②自社の被害状況、③社外の状況と全体の概況の3つがあります。ステータスCheckerはこのうち「社内情報」を扱います。自社拠点の自衛消防隊などが被害状況を入力し、災害対策本部の社内情報班が中心となって集計。ステータスCheckerは社内状況の迅速な把握と、情報収集の初動をささえます。

主な機能

初動手順事前登録

事前登録した初動手順(プロトコル)にそって対応。事前定義で初動を具体化

柔軟な報告テンプレート

テンプレートの編集で報告の項目や形式をあらかじめ設定。組織にあわせた初動報告へ

自動起動

震度5弱以上の任意震度×市区町村×対象拠点で発生時に自動起動

スマートフォン対応

手元でリアルタイムに情報を登録・把握。外出先や移動中でも情報収集が可能

簡易な報告画面

スマートフォン・PCから被害報告を入力。迅速簡易な一次報告、詳細の二次報告に分けて入力

拠点状況表示

各拠点の被害・初動着手状況をまとめてリアルタイムで表示。人的・建物被害・火災・通信など詳細も確認

直感的な集計画面

拠点ごとの状況を深刻度に応じて色分け表示。着手状況もアイコンで表示

プロトコルチェッカー(初動手順)

・ プロトコル(初動手順)を事前登録
・ 発災時はプロトコル(初動手順)を確認しながら対応可能

被害報告

・被災地域からPC・スマホなどで簡単に登録

自動集計

・ 報告内容は深刻度に応じて自動で色分け表示
・ 被害への着手状況も同時に表示することも可能

拠点状況の詳細表示

・ 集計画面のドリルダウンで詳細な拠点状況を確認

価格

初期料金

100,000円(税別)

月額料金

40,000円(税別) ~

デモンストレーションにお伺いします。

レスキューナウのサービス・ソリューションは無料でご試用いただけます。まずは導入の流れや利用ケースについて豊富な知識と経験を持つ弊社担当者がデモンストレーションにお伺いします。