ブログ

catch-img

【「震災対策技術展」横浜】レスキューナウも出展・ご来場ありがとうございました

■この記事の情報は、2020年2月7日現在の情報です。

こんにちは。 レスキューナウ ブログ担当です。 2020年2月6日(木)・7日(金)の2日間、横浜市のパシフィコ横浜で開催された「第24回「震災対策技術展」横浜」にレスキューナウも出展致しました。 また、7日には、弊社危機管理アドバイザーの市川啓一による「なぜ急ぐ?夜間休日の災害対応」と題した講演も行いました。 弊社ブースや講演を、会場内の様子とともに取り急ぎご報告致します。

この記事の目次[非表示]

  1. 1.第24回「震災対策技術展」横浜の様子は?
  2. 2.レスキューナウのブースは?
  3. 3.講演「なぜ急ぐ?夜間休日の災害対応」の様子は?
  4. 4.今後のレスキューナウ出展&市川の講演予定

第24回「震災対策技術展」横浜の様子は?


震災対策技術展全体の特徴として、企業だけでなく、研究機関や防災を担当する官公庁、また防災に関するNPO団体など、多種多様な立場の方々が出展されている点です。 今回も同様に様々な団体・企業が出展されていました。 特に今回は、昨秋の台風15、19、21号の影響で発生した土砂災害、河川氾濫を受けて、それらの被害状況や対策に関する展示が多く見られました。 この他は、昨年から引き続き出展が多い災害時の電源や通信手段確保に関する商品が見られました。 備蓄食品に関しては日進月歩の感がありますが、今回は25年保存可能を謳う商品が出ており、ブログ担当も驚きました。

レスキューナウのブースは?


弊社ブースには、今回も多くのお客様にご来場いただきました。 レスキューWeb・MAPをはじめ、安否確認サービスやステータスCheckerに関心を示されるお客様がいらっしゃいました。 また、防災備蓄品や災害レポート、災害対応マニュアルなど実物もご用意し、多くのお客様にご覧頂きました。

講演「なぜ急ぐ?夜間休日の災害対応」の様子は?


弊社危機管理アドバイザー市川啓一による講演「なぜ急ぐ?夜間休日の災害対応」にも、多くのお客様のご来場を戴きました。 事前申込みでは満員でしたが、いざ当日になると若干の空席が見られました。 講演に先立ち、市川より「企業によっては既に新型コロナウイルス対応が行われ、人が集まる場への参加を取りやめる対応がなされている」ために出席を取りやめた参加者がいたであろう点や、危機管理アドバイザーとしての検討状況などの説明があり、多くの方が関心を示されていました。 また講演では、営業日以上に「夜間休日」が占める割合の多さや、その上で各企業がどのような対応を取るべきなのかについて皆様にご説明しました。 こちらも、講演終了後に弊社ブースで市川と熱心に相談される方もいらっしゃるなど、関心の高さが感じ取れるものでした。

お忙しい中、弊社ブースや講演に多くのお客様にお越しいただきました。ご来場誠にありがとうございました。

今後のレスキューナウ出展&市川の講演予定

なお来週、2020年2月12日(水)~14日(金)に、名古屋市のポートメッセ名古屋で開催される「第2回 [名古屋]オフィス防災EXPO」、及び4月15日(水)~17日(金)に、東京・お台場の東京ビッグサイトで開催される「第14回 [東京]オフィス防災EXPO」に、レスキューナウも出展致します。 また「第2回 [名古屋]オフィス防災EXPO」では、危機管理アドバイザー市川啓一がモデレーターを務める特別講演「「4T」で構築する企業の災害対応 ~先進企業を招いて実際の構築事例を具体的に紹介する~」も開催されます。 皆様のご来場、心よりお待ちしております。