レスキューナウ危機管理情報センター(RIC24)

危機管理情報のコア、RIC24。

危機管理情報専門企業、レスキューナウ。その核となるのが24時間365日有人体制で稼動するレスキューナウ危機管理情報センター「RIC24(りっく・にじゅうよん:Rescuenow Information Center 24)」です。RIC24では、危機に関する情報を多岐にわたって収集・配信しています。東日本大震災発生後、危機管理体制の意識が社会的に高まっています。突発的な災害や事件・事故を常設の体制で監視・即応することは重要ですが、自社でまかなうには人的リソースとコストの負担が大きく、実現が困難です。RIC24のオペレーションは、数多くのお客様から初動対応のアウトソーシングとしてご利用いただいています。

RIC24の体制

毎日7,500サイト以上での情報監視と100件程度の電話取材

RIC24ではオペレーションスタッフが24時間3交代勤務で、常に危機の発生を監視しています。平時には毎日、80以上のWebサイトを延べ7,500回以上監視するほか、交通機関を中心に100件程度の電話取材を実施しています。災害発生時には、これに加えて、報道機関や行政機関、ライフライン企業等からの情報収集のほか、電話取材を行って、あらゆる危機管理情報の迅速な配信を目指しています。

災害発生後20分で緊急体制を確立

いつ起きるかわからない大災害。その被害状況や影響についていち早く収集配信するため、緊急対応スタッフがRIC24の半径2km圏内に居住する体制としています。これは、緊急対応体制がいつ発動されても、RIC24に常駐するオペレーションスタッフに加えて、20分以内に緊急対応スタッフが駆けつけ、速やかに体制を増強して情報収集活動ができるようにするためです。

大災害発生から60分以内に54項目のオペレーションを実施

災害が発生したとき、短い時間でさまざまな情報ソースから収集を効率的に行うために、独自のプロトコル(手順書)を整備しています。災害発生から60分以内に少なくとも54項目の電話取材やWeb監視などのアクションを実施します。発生を覚知した瞬間から、情報収集はスタートします。「どこで、何の状況を、どうやって」情報収集すべきか・できるのか、日々行われている危機管理情報の取材・収集のノウハウを活かして、整備・更新されるプロトコルは私たちが持つ財産のひとつです。

3つのコードにオペレーションを切り替え

RIC24は、国内外の情勢・状況に応じて柔軟にリソースを割り当てるため、3つのコードに体制を切り替えています。

CODE:GREEN
(コード・グリーン)

危機管理情報センターにおいて、日常の危機管理情報をWEB、テレビ、メール、電話取材などにより収集する通常体制

CODE:YELLOW
(コード・イエロー)

危機管理情報センターにおける「警戒・支援」体制。特定の事象について、情報収集活動の増強 CODE:REDへの移行準備。社員の所在確認

CODE:RED
(コード・レッド)

危機管理情報センターにおける「非常」体制。参集スタッフは20分以内に緊急参集。それ以外の全社スタッフはリモートによる情報収集体制

RIC24の人材

知識の深い「こだわり」集団

スタッフは各カテゴリの知識に精通しています。例えば鉄道の運転見合わせ一つとっても、原因は天候や、近隣の火災、駅構内での事件、線路付近の不発弾処理、変電所のトラブルなど様々です。事象の継続や復旧を見越して迅速な取材確認をするためには、単一でない、多岐にわたる知識が要求されます。RIC24には各分野に造詣の深い人材が揃っています。鉄道路線や設備、航空機や空港、消防の車両や出場体制、電力供給のしくみ、日本各地の地形、気象予報、感染症の流行と対策、最新の情報セキュリティなど、業務中はもちろん、プライベートの趣味でも知識に磨きをかけています。このような専門性を持つ「こだわり」集団であるからこそ、他社には真似のできない迅速な配信を実現しています。

品質向上にもこだわる

個別の知識が最大限に活かされるように、業務の標準化にもこだわっています。配信カテゴリごとのマニュアル整備と配信例の随時更新を行っているほか、オリジナル配信文作成の各種ツールを開発。個別データの品質管理を実施し、随時改善点をツールに反映するなど、全体的な品質向上を図っています。このほか、通常オペレーションにおいて、1日3回の配信情報や作業内容の報告を実施しているほか、情報覚知時の配信是非の検討結果について、随時報告を行い、配信情報の均質化を図っています。

RIC24の設備

強固な施設

RIC24は、災害に強い構造をもつ施設の中にあり、周囲の地形から、その中はまさに地下壕です。耐震性はもちろん。停電時のバックアップ電源・断水に備えた備蓄・ネットワーク障害を防ぐ強固な機器や回線の多重化など、各種設備が整っています。

拠点の2重化

東日本大震災を体験し、今後予想される首都直下地震や南海トラフ地震に対応できる体制にするため、2014年より太平洋側の地震被害を受けにくい日本海側に「第2RIC」を開設・稼働を開始しました。これにより既存で行っていたデーターセンターの多重化とともに、監視・配信を国内2拠点で実施可能な体制をとっています。