防災・危機管理ストックコンテンツ

レスキューナウの防災・危機管理ストックコンテンツは、いつ発生するかわからない大地震、思わぬ場面で巻き込まれてしまう災害に備えて、日頃の危機意識レベルを高めるための知識集です。

危機管理情報センター専門員や専門家による防災に関するコラム、防災用品使用レポート、災害カレンダーや危機管理用語集を提供します。社内教育や防災啓発のサイトへの掲載コンテンツとしてご利用いただけます。

危機管理用語集

身の回りに潜む危険や大規模災害、防災や気象、行政用語など辞書形式にまとめたものです。
多岐に渡る危機管理用語(約400語)をカテゴリ別・50音別など、表示方法や更新時期にあわせてシーズンや流行を反映してご提供します。

提供例
  • あ あんぜんほしょうかいぎ 安全保障会議
    国防及び緊急事態に対処するために内閣に設置された審議機関。内閣総理大臣を議長とし閣僚などで構成される。

  • か かみなりなうきゃすと 雷ナウキャスト
    平成22年5月27日から気象庁が提供を開始した、雷発生の可能性や、雷の地域の詳細な分布を1時間先まで予報した気象データ。気象庁のホームページ上で確認することができる。

  • さ さぼうえんてい 砂防堰堤
    大雨などによって流れ下る土砂を受け止め、貯まった土砂を少しずつ流すことで、下流域の被害を抑える働きをする防災設備。

  • し しゅとちょっかじしん 首都直下地震
    内閣府中央防災会議が想定した首都圏で切迫性のあるマグニチュード7.0級の地震のこと。全部で18の地震が想定されており、今後30年以内に発生する確率は70%といわれている。なお、東京大学地震研究所の平田直教授が2012年1月に公表した試算では、「今後4年以内の発生確率が70%に達した可能性がある」としている。

  • ふ ふりかえゆそう 振替輸送
    交通機関(主に鉄道)において、不通もしくは遅延している路線・区間の乗車券を持つ乗客について、追加運賃なしに他の路線もしくは交通機関に迂回乗車させる措置のこと。支障が発生している路線・区間によって、振替輸送先の路線・区間があらかじめ決められていることには注意が必要。

資料請求を承ります。

配信仕様やデータ形式、情報内容について豊富な知識と経験を持つ弊社担当者がお答えいたします。まずはお気軽に資料をご請求ください。