沿革

2000年 4月 株式会社レスキューナウ・ドット・ネット設立
2001年
 
4月
 
本社を東京・目黒区から品川区に移転
 災害情報携帯配信サービス「マイレスキュー」開始
2002年
 
 
 
 
 
3月 危機管理支援ソリューション「3rdWATCH」(安否確認)サービス開始
5月
 
静岡県と「災害時における情報伝達要請に関する協定」を締結
練馬区と「災害情報支援に関する協定」を締結
6月 横浜市と「緊急情報の発信に関する協定」を締結
10月 株式会社朝日新聞社「朝日ライフラインNEWS」向けに危機管理情報を提供
11月 綜合警備保障株式会社と業務提携
2003年 9月 海外危機情報通報サービス「3rdWATCH GLOBAL」販売開始
2004年 9月 緊急キット「1dayレスキュー」販売開始
2006年
 
 
 
1月 株式会社テラクリエイトと合併、株式会社レスキューナウに社名変更
4月 ニフティ株式会社と危機管理に関する情報サイト「rescuenow@nifty」を開始
6月 ISMS認証を対象部門において取得(2007年5月に国際規格であるISO27001に移行)
8月 イッツ・コミュニケーションズ株式会社と「安心マイレスキュー」配信サービスで提携
2007年
 
 
 
1月 ヤフー株式会社の「Yahoo! 路線情報」に鉄道運行情報の提供を開始
3月 「災害レポートサービス」、「緊急通報サービス」販売開始
10月 A4オフィスシリーズ 防災緊急キット「1Dayレスキュー」販売開始
11月 コンテンツシェアサービスにおいて鉄道情報の提供路線数を拡大、日本全国の主要鉄道運行情報提供を開始
2008年
 
 
5月 川崎市と「災害情報等の相互提供に関する協定」を締結
11月
 
NTTドコモ株式会社「iコンシェル」向けに鉄道路線運行情報を提供開始
新型インフルエンザ対策総合支援サービス提供開始
2009年
 
1月 業界初の「新型インフルエンザ対応緊急通報サービス」を提供開始
11月 業容拡大にともない本社および飯田橋事業所を現住所へ移転
2010年
 
 
6月
 
災害時初動対応の新コンセプト「Rescue9」に基づく「アドバイザリーサービス」を開始
自治体の緊急・防災情報発信を代行する「緊急・防災情報発信代行サービス」を開始
7月 鉄道運行情報の路線カバー率が90%を超える
2011年 5月 実効性のある対応訓練実施を支援する「防災訓練実施支援サービス」を提供開始
    ユーザーの業務用途に合わせて情報を選択して利用することができる「レスキューWeb」を提供開始
2013年 4月 中部国際空港(セントレア)のフライト運航情報提供を開始
6月 NTTぷららの「ひかりTV」に鉄道運行情報を提供
8月 「Yahoo!ニュース」に鉄道運行情報を提供開始
  「避難情報」の発信でヤフーと提携
2014年 6月 情報収集配信の二拠点化によるサービス継続体制強化のため北陸事業所を開設
2015年
 
2月 全国の停電情報の配信を開始
4月 Lアラート(公共情報コモンズ)を中間伝達するサービスを開始
2016年
 
1月 危機管理情報をリアルタイムに一元表示可能なマップサービス「レスキューWeb MAP」の提供を開始
10月 「レスキューWeb」でNHKニュースの提供を開始
2017年
 
 
 
7月
 
危機管理情報センター「RIC24」をリニューアル
A4オフィスシリーズ 防災緊急キット「1dayレスキュー ユニットタイプ」販売開始
11月
 
「レスキューWeb MAP」がグッドデザイン賞を受賞
ジェイティービーの新事業「BCP実行支援サービス」へ危機管理支援ソリューション提供での参画を報道発表
2018年
 
7月
 
「レスキューWeb」で海外ニュースクリッピングの提供を開始
「防災緊急キット ユニット1Dayレスキュー」販売開始
2019年
 
 
3月 法人向け初動対応支援ソリューション「ステータスChecker」と
「レスキューWeb MAP」のサービス間連携機能をリリース
6月
 
大阪オフィスを開設し、危機管理情報センターWEST(RIC24-WEST)の運用を開始
危機管理情報センターEAST(RIC24-EAST)との二拠点体制へ移行
日本テレビ放送網株式会社へ「レスキューWeb MAP」放送向け新機能を提供開始