アドバイザリーサービス(体制構築)

アドバイザリーサービス(体制構築)とは

会議風景
レスキューナウでは、初動時の情報の流れに着目し、より実効性のある体制とするために、自衛消防隊と災害対策本部の間に「初動対応チーム(CMT)」を設けることをご提案しています。

その他、各社のご状況に合わせて最適な体制を提案しています。

意思決定と現場をつなぐ「初動対応チーム(CMT)」

初動対応チーム
レスキューナウでは、法人において初動時に行うべき対応を3つの時間軸3つの機能大別して考えます。

3つの時間軸「2・6・2」

  • 2時間:建物の被害・課題整理・緊急対応 等
  • 6時間:従業員の帰宅・問い合わせ対応 等
  • 2日:従業員の給与確保・備蓄が底をつく 等

3つの機能

  • 自衛消防隊:現場対応の要、初動時は被害状況など状況の確認・報告をおこなう
  • 災害対策本部:現場の状況を聞き、マネジメントが意思決定をおこなう
  • 初動対応チーム:災害対策本部と自衛消防隊の間をつなぎ、全体の連絡・調整・情報整理をおこなう

セミナー情報のご紹介

アドバイザリーサービスについてご興味のある方は、
お気軽にご相談ください

詳しい資料を無料でダウンロード
質問、お悩み相談など
お気軽にご連絡ください