レスキューWeb MAP

最多の情報量をもつ、最強の情報地図。

「レスキューWeb MAP」は、レスキューナウが提供する多彩な危機管理情報をデジタル地図に自動表示します。災害情報分野でのデジタル地図に期待されてきた即時性、情報の質・量をともに実現したソリューションです。
被災地の状況を地図上で一元的に俯瞰。危機管理担当者はその後に控える必要な対応判断に、これまで以上に専念できます。(2017年度グッドデザイン賞受賞)

「 危機管理情報×地図」だからできる広域&局所の状況把握

危機は広域・局所の両側面で捉えることが大切です。地図だけでは見えなかった全貌と詳細が、危機管理情報と重なることで浮かび上がります。何に重点を置き、どこを優先するかの判断が速くなります。

多種多様な危機管理情報を、リアルタイムに地図上で可視化

レスキューWeb MAPの特徴は、レスキューナウの配信する危機管理情報がすべてビジュアル表現されていることです。常に即時性を求められることで培った配信情報(32カテゴリ120項目※)を使用しているため、直接情報がリアルタイムに反映します。

登録拠点の影響分析など拠点情報との連動機能により実戦的な災害対応を支援

お客様が自社の全国の事業所等、任意の拠点情報を登録しておくことが可能です。レスキューナウ危機管理情報センター(RIC24)が配信する情報をトリガーとして、広域災害時に影響が懸念される拠点の抽出が瞬時に行えます。初動対応時のユーザーの負荷軽減に大きく貢献します。

膨大なデータ量にも対応する「軽快な操作感」と「視認性」

自社のデータをリアルタイムに扱うからこそ、地図の描画パフォーマンスにもこだわりました。アイコン表示や面表示、火山や原発施設からの同心円、道路や鉄道、台風の進路等、わかりやすく表示します。

紹介動画

機能と提供する情報

拠点登録

支社、営業所、工場など拠点の位置を事前登録

250mメッシュ

国内最小250mメッシュで詳細に降雨情報を表示

タイムスライダー

過去の日時の状況を表示。再生ボタンで動きも確認

同心円表示

火山や原子力施設からの距離圏を把握

背景MAP切替

地図は4種類。見やすい背景マップに切替

自動拠点抽出

情報に連動して拠点一覧を抽出表示・ファイル出力

自然災害情報

注警報・防災気象・台風・地震・津波・火山

交通情報

鉄道・フライト・道路

生活安全情報

防犯・緊急・製品安全・健康・避難・工場火災爆発・国民保護関連

ライフライン情報

電気・水道・ガス・通信・システム障害・セキュリティ

その他の情報

新型インフルエンザ・避難情報・被害状況サマリー

海外危機情報※

災害・事件事故・政情不安・テロ等(※オプション)

危機管理情報に連動した拠点抽出機能

・ MAP上の情報と連動して、エリア内の拠点を自動抽出
・ 抽出した拠点データをエクセルファイルで出力可能
・ 拠点パネルの階層化など、別途有償でカスタマイズ可能

背景マップ切替機能

・ 用途に応じて、背景マップを簡単に切り替え表示

事前想定リスクに対応した拠点抽出機能

・ 任意の「火山」「原子力施設」を中心に半径の異なる同心円を最大3つまで描画
・ 描画した同心円内に拠点が所在する場合には、自動で距離別の拠点も抽出可能

タイムスライダー機能

・ タイムスライダー上のつまみを過去の日時に移動させるだけで、当時の状況を再現表示
・ 左側の再生ボタンを押せば、5分毎の再生表示が可能

浸水リスク情報の表示

・大雨時に排水されず地面に溜まる「内水はん濫」の恐れのあることをレベル別に表示します。

道路情報・鉄道情報

・道路や鉄道の情報も表示。災害時の輸送ルート選定などに役立ちます。

提供する情報

気象災害情報特別警報・気象警報・気象注意報、南海トラフ地震関連情報、地震情報、火山情報、津波情報、全般気象情報、土砂災害警戒情報、河川洪水情報、記録的短時間大雨情報、竜巻注意情報、台風情報、高解像度降水ナウキャスト
交通情報鉄道情報、フライト情報、フェリー情報、交通障害情報
生活安全情報健康安全情報、光化学スモッグ情報、新型インフルエンザ情報、製品安全(リコール等)情報、防犯情報
緊急情報緊急情報、避難情報、ライフライン情報、セキュリティ情報、通信・システム障害情報、火災情報、国民保護関連情報
その他内水はん濫による浸水被害リスク

*1)レスキューWeb MAPでご利用いただけます。
*2*3)レスキューWeb でご利用いただけます。
※「レスキューWeb MAP」ご利用にあたっては「レスキューWeb」のご契約が別途必要となります。詳しくはお問い合わせください。

NEW「ステータスChecker」と「レスキューWeb MAP」の情報連携(オプション)

「ステータスChecker」サービスで集約した社内の被害情報を「レスキューWebMAP」に連携することが可能になりました。

この機能をご利用いただくと、ステータスCheckerに報告のあった自社やサプライヤーといった重要拠点からの被害報告がレスキューWeb MAP上に自動連携され、MAP上で俯瞰していただけるようになります。

現場側の報告書作成作業や災害対策本部側の取りまとめ作業など、集まった情報の共有作業が軽減され、対応策の立案・意思決定・実行により多くの時間を充てられるようになります。

社内情報を迅速に集約する「ステータスChecker」。

ステータスChecker」は危機発生時に社内情報を迅速に集約する、レスキューナウの新しいソリューションです。地震で自動起動、任意に設定した項目に沿って被害状況を各拠点から回答し、リアルタイムで自動集計します。詳細はこちら

自社拠点・サプライヤー等の被害状況を地図上に集約し一元把握可能に

社内情報と周りの社外情報が1つのMAP上にまとまるので「被害が大きいエリアはどこか」「そのエリアにある拠点の被害状況はどうか」「そこまでの道路は?鉄道は?ライフラインは?」といったことを1つのMAPで俯瞰できるようになります。

社内の被害状況を社外情報と重ねて俯瞰
  • 連携設定によってMAP表示される「ステータスChecker」タブを押すと、ステータスCheckerに報告された拠点の被害状況に応じてMAP上の拠点アイコンの色が赤・黄・緑などに変わります。
  • 地図上の拠点をマウスオーバーすると、小さいウィンドウで被害有無が確認でき、クリックすると大きいウィンドウで拠点の回答詳細を確認できます。

「ステータスChecker」
  • 任意で事前設定できるフォームで、迅速な回答と最新状況の集約ができます。
  • 集計内容は直感的な色別とアイコン表示でわかりやすく表示されます。

※別途サービスへの契約が必要です

連携する情報(例)1.拠点の基本情報
  拠点名称・電話番号・郵便番号・住所等

2.拠点の被害情報
  設問カテゴリーアイコン
  ステータスカラー(重傷者は赤、無事は緑などの色)
  設問項目(例:けが人はいますか?)
  回答内容(例:軽傷者1名)
  添付ファイル(回答者がアップロードした写真などの添付ファイル)
  回答の更新日時・更新ユーザー名
ご利用料金・連携設定料金:別途お見積り
・連携月額料金: 20,000円(税別)
 ※「ステータスChecker」をご利用でない場合は、上記の他に「ステータスChecker」の初期費用・月額料金が別途発生します。
「ステータスChecker」の料金詳細はこちら

お客様事例

 レスキューWebは、総務、情報システム、調達など、お客様のさまざまなシーンでご利用いただいています。

総務部門 ―災害時の情報収集に
pixta_12189175_XL

災害が報道されると経営トップが毎回報告を求めてきます。報道は断片的なので、地方にある支社や営業所が影響範囲にあるのかが分からず、すぐに報告することができませんでした。
(金融・保険業A社 総務担当さま)

以前、噴火災害があったときに「半径10キロの拠点を報告してほしい」と言われました。結局、地図に拠点と同心円を手で描くしか方法がありませんでした。
(製造業B社 総務担当さま)

危機管理情報に連動した拠点抽出
MAP上の情報と連動して、エリア内の拠点をワンクリックで自動表示。抽出した拠点データをエクセルファイルで出力可能
事前想定リスクに対応した拠点抽出

任意の「火山」「原子力施設」を中心に半径の異なる同心円を最大3つまで描画

調達部門 ―取引先の状況確認に
pixta_13789715_M

部品の調達や納品に遅れが生じるとロスが出てしまいます。気象リスク以外にも備えたいのに、気象庁の情報以外に目ぼしいものがありませんでした。
(製造業E社 調達担当さま)

情報収集とは言え、業務中にテレビを見ているわけにはいきません。先日も取引先の工場で火災があったのですが、ニュースに気付きませんでした。
(流通業F社 調達担当さま)

工場火災・爆発
工場で火災・爆発等が発生したことを確知した場合の情報
車両リコール情報

国土交通省発表の車両リコール情報について、対象車両数100台以上について、メーカー、車種、不具合部位などの情報

物流部門 ―迅速なルート選定に
pixta_15696813_M

被害を受けた場所を迂回するために、配送ルートの変更をするのですが、迅速に決めないと次の便に間に合わず、店舗で欠品してしまいます。
(流通業E社 物流担当さま)

台風の進路を見て先手を打とうとしているのですが、台風進路予想の更新に影響範囲の割り出しが追いつきません。
(流通業F社物流担当さま)

道路情報
高速道・一般道の通行止め等の情報を地図上に表示
台風情報×拠点抽出

気象庁から配信される最新の台風情報と、予報円と連動した自動拠点抽出

価格

初期料金

300,000円(税別)~

月額料金

201,000円(税別)~

デモンストレーションにお伺いします。

レスキューナウのサービス・ソリューションは無料でご試用いただけます。まずは導入の流れや利用ケースについて豊富な知識と経験を持つ弊社担当者がデモンストレーションにお伺いします。