情報配信サービス

情報配信サービスとは

危機管理情報センター (RIC24)
レスキューナウの情報配信サービスでは、災害情報、交通情報、気象情報など、5分野28種類のコンテンツを取り扱っています。

気象庁発表による気象災害情報以外のコンテンツは、24時間365日ノンストップ・有人監視で稼動する危機管理情報センター(RIC24)が、実績と経験に基づいて独自取材により収集するオリジナルコンテンツです。

人々の生活や移動、企業や自治体の活動に様々な形で影響をおよぼす「リアルタイムコンテンツ」をXMLデータで提供します。
配信実績、料金プランについて詳しい資料はこちら
見積りを依頼したい、具体的に相談したい方はこちら

3つのポイント

ポイント01

多種多様な
コンテンツを配信

レスキューナウでは、「予定されていたことが、何らかの外的な要因により阻害されてしまうこと」を『危機』と定義し、危機を回避・軽減するための情報を幅広く配信しています。あらゆるリスクに対応しなければいけない時代だからこそ、多種多様なコンテンツでお客様をサポートしています。
ポイント02

24時間365日
最新状況を提供

レスキューナウが運営する危機管理情報センター(RIC24)において、24時間365日ノンストップで情報を監視・収集・配信し続けています。夜間休日に発生した危機もリアルタイムで最新情報を提供しています。

危機管理情報コンテンツをデータ配信

人々の生活や移動、企業や自治体の活動に様々な形で影響をおよぼす「リアルタイムコンテンツ」をXMLテキストデータで配信します。

提供サービス

コンテンツシェアサービス

鉄道アイコン
レスキューナウが24時間365日収集している自然災害、事件・事故、鉄道運行情報、ライフライン情報などを配信

防災・危機管理
ストックコンテンツ

ストックコンテンツアイコン
危機管理情報センター専門員や専門家による防災コラム・防災用品レポート・災害カレンダー ・用語集等を提供

緊急・防災情報
発信代行サービス

緊急・防災情報発信 代行サービスアイコン
防災行政担当者さまに代わり、 住民向けメール等への入力を代行

コンテンツシェアサービスについてお悩みの方は、 お気軽にご相談ください

詳しい資料を無料でダウンロード
(標準料金、配信実績記載)
質問、お悩み相談など
お気軽にご連絡ください