コンテンツシェアサービス

コンテンツシェアサービスについて

レスキューナウでは、
「予定されていたことが、何らかの外的な要因により阻害されてしまうこと」を『危機』と定義し、危機を回避・ 軽減するための情報として、自然災害、事件・事故といった、情報だけではなく、気象情報や鉄道運行情報といった情報も、取材・配信しています。

これらの危機管理情報を各種Webサービスやシステムに組み込んで利用したいお客様向けに、サーバ間データ連携方式、テキストXML形式による情報配信サービスを「コンテンツシェアサービス」としてご提供しています。

大手ポータルサイトのほか、交通検索、新聞社、放送事業者、デジタルサイネージ、IoT機器などに加え、企業・法人の業務システムでも利用されています。

危機管理情報を取材・配信する
危機管理情報センター

危機管理情報取材・配信の概要

危機管理情報取材・配信の概要01
危機管理情報取材・配信の概要02

コンテンツ配信カテゴリー

災害、防災、火災情報からスタートした取材配信カテゴリーをお客様ご要望に合わせて随時拡大。
現在は、交通情報をはじめ、主として以下のカテゴリーを配信しています。
気象・自然情報 地震、津波、台風、火山、特別警報・警報・注意報、防災気象(土砂災害警戒・河川洪水・竜巻注意等)、天気予報
緊急情報 避難勧告・指示、ライフライン(停電等)、システム・通信障害、事件事故
生活安全、
火災情報
安心安全、防犯、感染症、製品回収、火災発生・鎮火等
鉄道運行情報 全国主要路線(JR・大手私鉄・地下鉄全線)の遅れ、運転見合わせ等 ※全国路線延長の約92%
フライト運航情報 全国主要空港(羽田・成田・伊丹・関西・中部) の遅れ・欠航等 ※国内発着運航便数の約70%
レスキューナウ
ニュース
交通ニュース(交通総合・鉄道)、災害ニュース(災害総合・事件事故・感染症・安心安全)

よくある質問

情報取材はどのように実施していますか。現地に記者を派遣しているのでしょうか。

危機管理情報センター(2拠点:東京、大阪)から電話、webページ、他による遠隔取材です。 今のところ現地への直接記者派遣は行っていません。

Webページへの取材とはどういう方法でしょうか。

一般公開しているwebページへの掲載をもってプレスリリース同様に扱って良いとされている 発表者の場合、その内容を事実確認したうえで、弊社スタッフが自社ルールに則って配信文面 を作成しています。ホームページ等の掲載文面をそのまま引用することはありません。

公式発表されていない情報もデータ配信されることがあるそうですが?

各メディア利用者から弊社への情報投稿や、一般利用者が各種webサービス等に投稿した情報 を参照し、事象発生の可能性があると判断した際は、公式発表されていない場合でも事実確認 取材(TEL等)を行います。事実確認が出来た際は、弊社取材情報としてコンテンツを配信します。 その後公式発表されるケースされないケースがありますが、配信情報は弊社が確認した事実情報と して安心してご利用頂けます。

配信データ形式、データ送受信方法は標準以外にカスタマイズ可能でしょうか?

現在一般的に利用されているIPネットワークやデータ形式でしたら対応可能です。 データ形式への対応例として、btf、csv、txt、xmlなどへの対応実績がございます。 送受信方法の対応例として、SFTP送信、smtp送信、閉域IPネットワークへのVPN接続と専用 送信手順への対応などの実績がございます。

画像や映像データで配信してもらうことは可能でしょうか?

今のところ、弊社からはテキストデータのみのご提供となっています。 デジタルサイネージなどに利用するため画像素材への加工をご希望でしたら、弊社代理店経由 でご提供することが可能です。

コンテンツシェアサービスの
システム概要について詳細はこちら

データ配信サービスのシステム概要

システム概要

コンテンツシェアサービスについてお悩みの方は、 お気軽にご相談ください

詳しい資料を無料でダウンロード
(標準料金、配信実績記載)
質問、お悩み相談など
お気軽にご連絡ください