コンテンツシェアサービス

コンテンツシェアサービスとは?

オペレーター
レスキューナウでは、鉄道情報をはじめ、ライフライン情報、災害・事件・事故情報など幅広い情報を取り扱っています。

「コンテンツシェアサービス」は、これらの情報を各種Webサービスやシステムに組み込んで利用したいお客様向けに、xmlデータをリアルタイムに提供するサービスです。
配信実績、料金プランについて詳しい資料はこちら
見積りを依頼したい、具体的に相談したい方はこちら

このようなお悩みはありませんか?

  • 情報を活用したいが、専門的な知識がなく情報の取り扱い方法が分からない…
  • 情報元によりフォーマットが異なるため開発時の負担が大きい…
  • 気象情報と避難情報など複数の情報を一緒に入手したいが、契約先が異なり面倒…
  • 情報元の仕様変更などによる自社サービス・システムの対応が大変…
  • 情報は自分たちで集められるが、人海戦術で収集しており効率が悪い…
  • 事象の発生だけでなく収束の情報まで欲しいが、情報を追いかけて管理するのが大変…

そのお悩みレスキューナウなら解決できます!

  • 情報の特性を説明することができるスタッフが丁寧にサポートします!
  • xmlデータの一部を同じ要素で構成しているため、複数の情報を扱う場合でも開発時の負担を軽減!
  • 弊社は幅広い情報を網羅しているため、契約先がひとつにまとまり不要な事務手続きを削減!
  • 専門的な知識を要する仕様変更も、当社側で解読・対応し、お客様側の負担を最小限に!
  • 弊社サービスを活用することで、情報の粒度・品質を一定に保ち、効率的な情報収集を実現!
  • 24時間365日稼働する危機管理情報センターによる情報の監視で事象の発生から収束までを配信!

コンテンツシェアサービスの特長

24時間365日ノンストップで
危機管理情報をデータ連携

​​休日夜間に関係なく、専門スタッフがあらゆる手段で国内の災害や避難、ライフライン、通信・システム障害、交通機関など様々な情報を収集・監視、配信しています。

その情報をデータ連携することで、欲しい情報の収集・加工の効率化が見込めます。
ポイント01
オペレーター

有人体制だからこそ提供できる
正確な情報

SNS等の情報は、事象発生の可能性があると判断した場合、弊社側で事実確認を行った上で配信します。

お客様側で情報の真偽を確認する必要なく、安心してご利用いただけます。

安定した使いやすいデータ

情報発表元ごとの表現や配信方法、データ形式の違いは、弊社配信基準に則った均質な粒度、文面、使いやすいxmlデータにして配信します。

災害の地域(Distance)、レベル(Level)、カテゴリ(Category)をデータベース化しているので、必要な情報を、必要なエリアだけ提供することも可能です。
ポイント02

提供カテゴリ

災害、防災、火災情報からスタートした取材配信カテゴリをお客様ご要望に合わせて随時拡大。
現在は、交通情報をはじめ、主として以下のカテゴリを配信しています。

※気になる情報をクリックすることで詳細ページをご覧いただけます。

※提供カテゴリ一覧につきまして、こちらからPDF資料をダウンロードいただけます。

危機管理情報を取材・配信する
『レスキューナウ危機管理情報センター(RIC24)』

危機管理情報センターにおいて24時間365日有人体制で監視・取材した危機管理情報を配信しています。
RIC24

情報配信サービスの活用事例

掲示板

大手ポータルサイト交通検索システムTVのデータ放送・L字放送デジタルサイネージなどの日頃目にするメディアや 、ご家庭にあるような機器をつなぐIoTデバイスでの利用をはじめ、法人のお客様が普段の業務でお使いのシステムなど、メディア、端末、場所を選ばず幅広くご利用いただいています。

よくあるご質問

配信している情報の収集方法についてや、提供可能なデータ形式について等、多くのお客様から頂くご質問への回答をまとめています。
 

また、ページ下部の「お問い合わせ」から弊社へ直接ご質問いただくことも可能です。

コンテンツシェアサービスについて詳しく知りたい方は、 お気軽にご相談ください

詳しい資料を無料でダウンロード
(標準料金、配信実績記載)
質問、お悩み相談など
お気軽にご連絡ください