ステータスChecker

ステータスCheckerとは

パソコンとスマホ
東日本大震災では拠点が広範囲にわたり同時多発的に影響を受けました。限られた課題に対応する平時と違い、災害時は課題そのものが時系列に沿って変化します。「いま何が課題なのか」を見失うと、目の前の対応に追われ、事業継続を実行することができなくなります。
レスキューナウの「ステータスChecker」は、手順の定義、発災トリガー、手順の実行支援やシンプルな報告インターフェース、直感的な集計画面など多くの機能を持った、あたらしい情報共有ソリューションです。災害対策本部と拠点をつなぎ、お客さまの迅速な把握をささえます。

3つのポイント

被害状況の報告指示を自動・手動で送信

地震情報をもとに対象拠点へ自動で被害報告指示をメール配信。訓練時・災害時の手動配信も可能です。

被害状況は深刻度で色分け表示

深刻な被害の拠点はレッド、深刻でない場合はイエロー、被害無しはグリーンで表示。

多様な回答方式に対応

テキスト入力だけでなく、チェックボックスやファイル添付、写真添付なども可能です。簡単な操作で詳細な状況を報告できます。

紹介動画

ご利用イメージ

ステータスCheckerは「社内情報」を扱うサービスです。
災害対策に必要な情報には①従業員の安否確認、②自社の被害状況、③社外の状況と全体の概況の3つがあります。ステータスCheckerはこのうち「社内情報」を扱います。自社拠点の自衛消防隊などが被害状況を入力し、災害対策本部の社内情報班が中心となって集計。ステータスCheckerは社内状況の迅速な把握と、情報収集の初動をささえます。
ステータスChecker

主な機能

初動手順事前登録

事前登録した初動手順(プロトコル)にそって対応。事前定義で初動を具体化

柔軟な報告テンプレート

テンプレートの編集で報告の項目や形式をあらかじめ設定。組織にあわせた初動報告へ

自動起動

震度5弱以上の任意震度×市区町村×対象拠点で発生時に自動起動

スマートフォン対応

手元でリアルタイムに情報を登録・把握。外出先や移動中でも情報収集が可能

簡易な報告画面

スマートフォン・PCから被害報告を入力。迅速簡易な一次報告、詳細の二次報告に分けて入力

拠点状況表示

各拠点の被害・初動着手状況をまとめてリアルタイムで表示。人的・建物被害・火災・通信など詳細も確認

直感的な集計画面

拠点ごとの状況を深刻度に応じて色分け表示。着手状況もアイコンで表示
プロトコルチェッカー

プロトコルチェッカー(初動手順)

  • プロトコル(初動手順)を事前登録
  • 発災時はプロトコル(初動手順)を確認しながら対応可能
被害報告

被害報告

  • 被災地域からPC・スマホなどで簡単に登録
自動集計

自動集計

  • 報告内容は深刻度に応じて自動で色分け表示
  • 被害への着手状況も同時に表示することも可能
拠点状況の詳細表示

拠点状況の詳細表示

  • 集計画面のドリルダウンで詳細な拠点状況を確認

「ステータスChecker」と「レスキューWeb MAP」の情報連携(オプション)

レスキューWeb MAP
「ステータスChecker」サービスで集約した社内の被害情報を「レスキューWebMAP」に連携することが可能になりました。

この機能をご利用いただくと、ステータスCheckerに報告のあった自社やサプライヤーといった重要拠点からの被害報告がレスキューWeb MAP上に自動連携され、MAP上で俯瞰していただけるようになります。

現場側の報告書作成作業や災害対策本部側の取りまとめ作業など、集まった情報の共有作業が軽減され、対応策の立案・意思決定・実行により多くの時間を充てられるようになります。

危機管理情報をリアルタイムに表示する「レスキューWeb MAP」。

「レスキューWeb MAP」は危機管理情報をリアルタイムで地図表示するソリューションです。レスキューナウが取り扱うほぼすべての情報を、工場や支店など自社拠点の位置と重ね合わせて確認していただくことができます。詳細はこちら

自社拠点・サプライヤー等の被害状況を地図上に集約し一元把握可能に

社内情報と周りの社外情報が1つのMAP上にまとまるので「被害が大きいエリアはどこか」「そのエリアにある拠点の被害状況はどうか」「そこまでの道路は?鉄道は?ライフラインは?」といったことを1つのMAPで俯瞰できるようになります。
被害状況

社内の被害状況を社外情報と重ねて俯瞰

  • 連携設定によってMAP表示される「ステータスChecker」タブを押すと、ステータスCheckerに報告された拠点の被害状況に応じてMAP上の拠点アイコンの色が赤・黄・緑などに変わります。
  • 地図上の拠点をマウスオーバーすると、小さいウィンドウで被害有無が確認でき、クリックすると大きいウィンドウで拠点の回答詳細を確認できます。
レスキューWeb MAP

「レスキューWeb MAP」

  • レスキューナウが配信する32カテゴリ102項目の豊富な情報コンテンツ。気象・自然災害だけでなく、事件・事故・交通・ライフライン・リコール・感染症・工場操業関連・政情不安・テロ・国民保護関連にいたるまで、すべての配信情報を自由に表示・受信いただけます。
※別途「レスキューWeb」「レスキューWeb MAP」両方への契約が必要です
連携する情報(例)
  1. 拠点の基本情報
    拠点名称・電話番号・郵便番号・住所等
  2. 拠点の被害情報
    設問カテゴリーアイコン
    ステータスカラー(重傷者は赤、無事は緑などの色)
    設問項目(例:けが人はいますか?)
    回答内容(例:軽傷者1名)
    添付ファイル(回答者がアップロードした写真などの添付ファイル)
    回答の更新日時・更新ユーザー名
ご利用料金
  1. 連携設定料金:別途お見積り
  2. 連携月額料金: 20,000円(税別)
    ※「レスキューWeb MAP」をご利用でない場合は、上記の他に「レスキューWeb」と「レスキューWeb MAP」の初期費用・月額料金が別途発生します。
    「レスキューWeb」と「レスキューWeb MAP」の料金詳細はこちら

価格

会議

月額料金
21,750円(税別)~

パソコンとスマホ

初期料金
100,000円(税別)~

導入実績・事例のご紹介

株式会社 大林組様

社会インフラを支える企業として、災害からのいち早い復旧は使命。それには「速やかな被害状況の把握」が大事。

日本テレビ放送網株式会社様

大規模災害発生時の命を守る報道を「レスキューWeb MAP」が支援。各種情報をリアルタイムに可視化する理想的な電子地図をカスタマイズで実現。

株式会社 バンテック様

自社で策定したBCP(事業継続計画)。実践できるレベルであるか不安だった・・・

セミナー情報のご紹介

【9/16(水)-9/18(金)】第14回 オフィス防災 EXPO

2020-09-01

株式会社レスキューナウ(代表取締役:朝倉一昌、本社:東京都品川区、以下レスキューナウ)は、9月16日(水)~9月18日(金)、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「第15回 オフィス防災EXPO」にブース出展します。

【7月3日開催】風水害への実戦的な対応手順を構築する「風水害プロトコル作成」

2020-07-03

本講座では、当社がアドバイザリーサービスにてご提供しているノウハウをオンライン講座 の形式にて、風水害対応の手順(プロトコル)の考え方や作成の仕方を解説いたします。 さらに参加者全員に当日のセミナー資料とオンライン講座版風水害対応手順(プロトコル) テンプレートを配布いたします。 企業の防災・BCP・危機管理を担当されている方向けのオンライン講座になります。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【5月28日開催】レスキューナウ風水害対応ウェビナー開催!

2020-05-28

この度、2020年5月28日(木)に弊社アドバイザー市川による風水害対応ウェビナーを開催いたします。台風シーズンに備え、最新気象情報と企業対応の事例をご紹介するウェビナーとなっております。

ステータスCheckerについてお悩みの方は、 お気軽にご相談ください

詳しい資料を無料でダウンロード
質問、お悩み相談など
お気軽にご連絡ください