ステータスChecker

ステータスCheckerとは

パソコンとスマホ
東日本大震災では、広範囲にわたり同時多発的に影響を受けました。限られた課題に対応する平時と違い、災害時は課題そのものが時系列に沿って変化します。「いま何が課題なのか」を見失うと、目の前の対応に追われ、事業継続を実行することができなくなります。

レスキューナウの「ステータスChecker」は、
手順の定義発災トリガー手順の実行支援やシンプルな報告インターフェース直感的な集計画面など多くの機能を持った、あたらしい情報共有ソリューションです。

災害対策本部と事業所を繋ぎ、お客様の迅速な状況把握をサポートします!

災害時の情報共有において
こんなお悩みありませんか?

あちこちから電話やメールが飛び交い
集計までに相当の時間がかかる
支店・工場や関係先の数が多いため
現地と連絡を取るだけでも一苦労
「状況はどうなっている?」
経営層から何度も報告の催促が来る

そのお悩み解決できます!

もしステータスCheckerがあれば

  •  現場からの膨大な被害報告もシステムが自動集計!あっという間に状況を把握できる
  •  災害時の連絡はシステム上で一斉送信!現場はPCやスマートフォンから手軽に報告
  •  システム上で報告資料が作成できるため、速やかに経営層へ報告ができる

特に全国に事業所や取引先が多数存在するメーカー小売業効果を実感されています。

3つのポイント

被害状況の報告指示を自動・手動で送信

地震情報をもとに対象拠点へ自動で被害報告指示をメール配信。訓練時・災害時の手動配信も可能です。

被害状況は深刻度で色分け表示

深刻な被害の拠点はレッド、深刻でない場合はイエロー、被害無しはグリーンで表示。

多様な回答方式に対応

テキスト入力だけでなく、チェックボックスやファイル添付、写真添付なども可能です。
簡単な操作で詳細な状況を報告できます。

ご利用イメージ

ステータスCheckerは「社内情報」を扱うサービスです。
災害対策に必要な情報は、①従業員の安否確認②自社の被害状況③社外の状況と全体の概況の3つがあります。ステータスCheckerは、このうち「社内情報(自社の被害状況)」を扱います。
自社拠点の自衛消防隊などが被害状況を入力し、災害対策本部の社内情報班が中心となって集計。
ステータスCheckerは、社内状況の迅速な把握と、情報収集の初動をささえます。
ステータスChecker

ステータスCheckerを動画でご説明

ステータスCheckerについてご興味のある方は、 お気軽にご相談ください

詳しい資料を無料でダウンロード
質問、お悩み相談など
お気軽にご連絡ください