安否確認サービス(よくあるご質問)

よくあるご質問

Q.どんな端末から利用することができますか?


A.PC、スマートフォン、フィーチャー・フォン(ガラケー)等のインターネットの繋がる端末で
   ご利用いただけます。

Q.会社、組織等のグループごとに通達や集計ができますか?


A.役職、拠点、部署、居住地などのグループごとに送信したり、集計することが可能です。また、
   任意でグループを設定することも可能です。

Q.安否確認以外の機能はありますか?


A.安否確認以外にも個別連絡や一斉通達、アンケートとしてもご利用いただけます。また、当社が配信している危機管理情報をメールで受け取ることも可能です。

Q.社員と家族間で連絡がとれる機能がありますか?


A.従業員とその家族が利用できる掲示板機能がございます。  お互いのメッセージを投稿・閲覧することで、家族内の安否確認を行うことができます。

Q.社内で設定変更ができますか?(人事異動など)


A.管理権限を付与されたユーザー様であれば、管理画面より設定変更が可能です。

Q.部署変更等、マスタメンテナンスは大変ですか?


A.CSVで一括更新することも可能です。

Q.セキュリティ対策は、どのように実施されていますか?


A.セキュリティ対策については、下記の「運用基盤について」をご覧ください。

Q.稼働実績を教えてください。


A.新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震をはじめ、過去の大災害でも稼働実績があります。

運用基盤について

個人情報保護措置

メールアドレス管理
ユーザー自身で登録したメールアドレスは、管理者でも閲覧することはできません。

データセンター
ユーザー情報は、耐震面・セキュリティ面でもトップクラスのデータセンター内のサーバに格納。
通常は弊社スタッフでも物理的に接触できない環境に設置しています。

ISO/IEC 27001
ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得しております。

データセンター

2重化
当社の安否確認サービスのデータセンターは、国内の異なる2地域に配置されています。
・地震・津波等の同時被災を防ぐため、大陸プレートが異なる太平洋側と日本海側にシステムを分散配置
・自治体等の国外のデータセンターに情報を預けられないお客様も安心の国内2拠点体制で運営
・首都直下地震を想定して、メインセンターは関東と異なるプレートに存在するデータセンターを採用

ファシリティ
弊社サービスは、下記のファシリティ及びセキュリティ項目を備えている大手データセンターにて運営しています。
・電源系統の多重化、高信頼度の電源
・最高レベルのセキュリティシステム
・高度な耐震性(震度7に耐えうる免震)
・ISMS認証取得
・信頼度の高い高速なネットワーク
また、データセンターの保守・監視は、システム監視要員が常駐し、24時間体制で行っております

安否確認サービスについて詳しくは、 お気軽にご相談ください

詳しい資料を今すぐダウンロード
使いやすさを体感ください
質問、お悩み相談などはこちら