経営理念

レスキューナウが大切にしている価値観を経営理念としてまとめています。
経営理念は、社会的使命をあらわす「Mission」、目指すべき姿をあらわす「Vision」、全員が目指す行動指針をあらわす「Value」の3つで構成しています。

Mission(企業理念)

― レスキューナウが追い続ける社会的使命
最新の情報技術を駆使して、危機に対する迅速な救援と復旧、復興と予防に貢献する

Vision(目指すべき姿)

― Missionを達成するために目指すべき姿
情報技術の可能性を追求し、危機管理分野でのイノベーションを起こす

Value(行動指針)

― レスキューナウ全員が目指す行動の指針
日本の危機管理を変えるためには、レスキューナウの事業に携わる全員の行動が、常に理念と結びついていなくてはなりません。そこでレスキューナウ全員の、日ごろの行動をより理念に近づけるものとして、5つの行動指針を定めました。
Think/考える
何をするべきなのか、自律的に考える。
問題の本質を捉え、どうしたら可能になるかを突き詰める。


レスキューナウが形にしたのは、必要な人に必要な情報を届けること。
「Think」を繰り返し、日々解決策を見つける。
Courage/勇気
結果が失敗であっても成功であっても、次の行動の糧とする。
リスクをいとわず大胆に挑戦する。


行動を起こすには勇気がいる。失敗にも価値を見出し、前に進む。
行動しないことを正当化しない。
Pride/誇り
自ら成長の機会を探し、上を目指す。
結果が悪いときは自分のせいと考え、良かったときは周囲に感謝する。


危機管理情報を担う者として、プロフェッショナル意識と誇りを持つ。
事実と謙虚に向き合うことでより高いレベルを目指す。
Fairness/公正
中立性をもって公正に判断する。
困っている人がいたら手を差し伸べる。


中立的な立場で情報やサービスを提供する。
公正さをすべての判断基準とし、危機管理における正道を追求する。