ブログ

catch-img

アルコールの濃度表記

■この記事の情報は、2020年9月23日現在の情報です。(2021年2月17日、3月5日一部更新)

こんにちは。
レスキューナウ ブログ担当です。

この記事は、先日の記事した「手指の消毒とアルコール」の補足です。
手指の消毒とアルコール」も併せてご覧ください。

この記事の目次[非表示]

  1. 1.アルコール濃度の表記は2つある
    1. 1.1.重量と容量
    2. 1.2.2つの違いはなぜ?
  2. 2.重量パーセント濃度
  3. 3.容量パーセント濃度
  4. 4.手指消毒用のアルコールは、濃度と保管に注意して
  5. 5.消毒とアルコールのこと、レスキューナウもお手伝いできます
    1. 5.1.レスキューナウもアルコール消毒剤を扱っています
    2. 5.2.アルコールの保管や管理をどうしたら…?

アルコール濃度の表記は2つある

お酒を飲む時、度数を気にする方も多いと思います。ブログ担当は沖縄で60度の泡盛を飲んだことがありますが、喉の中はまるで燃えるようでした。「手指の消毒に使うアルコールが60%、あの時飲んだ泡盛で消毒できるのか」と考えたのですが、実は違うのです。

重量と容量

消毒用アルコールをよく見ると「w/w%」などと、アルコールの濃度が記されています。これは「重量パーセント濃度」の意味。

一方、お酒のボトルに「○度」で表記されている度数は「容量パーセント濃度」を示しています。

詳しい説明は次の項でしますので、「まずは2つある」と覚えてください。

2つの違いはなぜ?

「500ml(=容量)の中身は500g(=重量)なんだから、重量と容量、どちらも同じでは」と、ついそう思ってしまうのですが、それは水の話。アルコールは水に比べて軽いのです。

アルコール消毒剤に使われるエタノールは、1ml=0.789gです。同じボトルに詰められていても、水に対して約2割軽いのです。同じボトルを2つ準備して、それぞれに水とアルコールを詰めて持ち比べれば、アルコールの軽さが分かると思います。


重量パーセント濃度

アルコール消毒剤などで使われる表記です。

濃度60重量パーセントのアルコール消毒剤を例に取ると、100gの液体中60gがエタノールです。

前回の記事で説明した、消防法の規定にあるアルコール濃度も、重量パーセント濃度です。

消毒剤の商品説明で「60%」などと書かれていたら、こちらの重量パーセント濃度だと考えてください。(注:製品によっては、容量パーセント表記の場合もあるようです。不明な場合は、確認するのが良いですね)

重量パーセントには「重量%」「w/w%」「wt%」「mass%」など様々な表記があります。
(例:60重量パーセントのアルコール消毒剤では、「60重量%」「60w/w%」「60wt%」「60mass%」と表記)
この表記にも注意してみてください。

「質量パーセント」って言い方もみたけれど???
調べていると、質量パーセントという言葉も出てきます。
重量パーセントと質量パーセントは同じです。(厳密に言うと、地球上では同じ)


容量パーセント濃度

お酒の度数表記に使われる「容量パーセント濃度」だと、どのような意味なのでしょうか?
60度のお酒は、100mlの中に60mlアルコールが含まれている、という意味です。

エタノール水溶液の容量%と重量%との換算表(一般社団法人アルコール協会)を参照すると、
60度のお酒は、52.15重量パーセント。アルコール消毒剤が不足した頃、「代わりにお酒で消毒を」という話もありましたが、この点を間違えると、消毒には不十分な濃度のアルコールを用いてしまいます。

なお、消防法の規定で危険物とみなされる60重量パーセントは、67.69容量パーセント。度数表記で67度以上のお酒を保管する場合は、危険物と扱われます。

質量パーセントにも「質量%」「v/v%」「vol%」などの表記があります。

ちなみに、体積パーセントとは?
体積パーセントという言葉も出てきます。
容量パーセントと体積パーセントは同じです。(これも厳密には、地球上では同じ)


手指消毒用のアルコールは、濃度と保管に注意して

「この説明を読んだけど、よく分からない。理系は苦手で…」という声が聞こえてきそうな記事でしたが、つまるところ「度数の表記は2種類あり、手指消毒剤は重量%が使われ、お酒の濃度とは違う」という点を押さえてください。

大量に使う場面では「自分で薄めて調合して…」などと考えてしまいますが、しっかり計算できるならば良いものの、それを繰り返す手間と、移し替えの際には火災の危険性もあります。

濃度と量によっては、消防署への申請や届出も必要です。重量パーセントと容量パーセントを間違えずに正しく計算して、場合によっては消防署関係の手続きもする。1回だけならともかく、繰り返すとなると???

そう考えるとやはり、手指の消毒には「手指用」とされたアルコール消毒剤を用いるのが良いのではないでしょうか。


消毒とアルコールのこと、レスキューナウもお手伝いできます

レスキューナウもアルコール消毒剤を扱っています

実は、レスキューナウもアルコール消毒剤を取り扱っています。
「手指消毒剤 キビキビ(指定医薬部外品)」は天然由来アルコールを使った消毒剤。
保湿剤を配合した手にやさしい瞬乾消毒タイプです。
65容量パーセント(=57重量パーセント)なので、保管や配送の制限を受けず、備蓄にも便利です。

出社時の手洗い後、お食事前の消毒に! 手指消毒剤 キビキビ(指定医薬部外品)
https://www.rescuenow.co.jp/riskmanagement/kibikibi

アルコールの保管や管理をどうしたら…?

いつも使うアルコール。大量に保管して、それを上手に管理するには?
しかも「アルコールは危険物」なんて言われ、「分からないことだらけで不安」という方へ。
レスキューナウがご相談に応じます。ぜひお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
『手指消毒剤キビキビ』に関するお問い合わせ
https://www.rescuenow.co.jp/contacts/kibikibi



(参考)
消毒用アルコール及び高濃度アルコールの使用や保管について(光地区消防組合)
飲酒の基礎知識(公益社団法人アルコール健康医学協会)
パーセント濃度ってなに?(株式会社プラネット)