2021年9月28日

報道関係者各位

株式会社レスキューナウ

「防災テック スタートアップ カンファレンス2021」に
レスキューナウ代表・朝倉が登壇!防災テクノロジーの未来を語る

10月6日(火)13:00〜17:35 オンライン開催予定

危機管理情報サービスを提供する株式会社レスキューナウ(本社:東京都品川区、以下「レスキューナウ」)の代表取締役・朝倉一昌は、10月6日(火)に開催される「防災テック スタートアップ カンファレンス2021」に登壇いたします。

【防災テック スタートアップ カンファレンス 2021】
概要・申し込み:https://resilience-tech.net/

防災テック スタートアップ カンファレンス2021は、テクノロジーで防災の世界にイノベーションを起こそうとするスタートアップが一堂に集結するオンラインイベントです。今回レスキューナウの代表取締役・朝倉一昌は「防災の世界でテクノロジーを活かしたい そのためにレスキューナウが行うこと」と題し、災害・危機管理の分野でテクノロジーを活かすために直面した課題やそれに対するこれまでの取り組み、そしてレスキューナウの現在とこれからについてご紹介いたします。

今後もレスキューナウは、多様化するお客様のニーズに最適な形で、危機管理情報を迅速かつ的確に提供することを目指してまいります。

 

◆レスキューナウの登壇概要

代表取締役・朝倉一昌(登壇時間:16:30~17:00)
「防災の世界でテクノロジーを活かしたい そのためにレスキューナウが行うこと」

レスキューナウは、テクノロジーで防災の世界にイノベーションを起こそうと2000年に創業しました。それから21年。やっと私たちがやりたかったことが実現しつつあります。ここに至るまでにどのような取り組みを行ってきたのか、そして今後どのような取り組みをしていこうとしているのか、私たちが防災の世界でテクノロジーを活かすことで目指していくものについてお話いたします。

◆カンファレンス開催背景

水害、地震、豪雪…日本は言わずと知れた災害大国であり、阪神大震災や東日本大震災など、歴史に残るような大きな被災経験を重ねてきました。一方、世界でも気候変動・気候危機が大きなイシューとしてたちのぼり、いかに災害から人々を守るかは、SDGsやESGといった視点からも最重要課題のひとつであると言えます。

災害大国・日本から、多くのスタートアップが立ち上がり、自治体・民間企業・研究機関などとともに共創し、世界の防災をリードすることがいま求められていると言えるのではないでしょうか。気鋭のスタートアップ企業の技術と最先端の取り組みをご紹介します。

 

【イベント概要】

名称     :防災テックスタートアップカンファレンス2021

日時     :10月6日(水) 13:00~17:35

お申し込み期限:10月5日(火) 23:59

会場     :オンライン

テーマ    :「防災テクノロジーの未来」

参加費    :無料

運営     :防災テックカンファレンス2021実行委員会

公式サイト  :https://resilience-tech.net/

【会社概要】
株式会社レスキューナウ
代表者:朝倉 一昌
本社所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-20-9 KDX西五反田ビル1階
資本金:4億円
URL:https://www.rescuenow.co.jp/about

【本件に関するお問い合わせ先】
●株式会社レスキューナウ 管理部 広報担当
Tel:03-5759-6775
お問い合わせURL: https://www.rescuenow.co.jp/corporate/contacts

●株式会社レスキューナウ 営業部
Tel:03-5759-6064
お問い合わせURL: https://www.rescuenow.co.jp/contacts/solution

注)製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。