ブログ

catch-img

【今日から全面施行】職場の受動喫煙防止

■この記事の情報は、2020年4月10日現在の情報です。

この記事の目次[非表示]

  1. 1.どのような影響するのか?
  2. 2.従業員への対応

こんにちは。 レスキューナウ ブログ担当です。 4月1日は年度初め。 様々な制度が変わる日ですが、健康増進法の一部改正が、今日2020年4月1日から全面施行されました。

どのような影響するのか?

今日から「受動喫煙の防止」に取り組む必要があります。 報道では飲食店の禁煙について取り上げられる場面が多いのですが、当然オフィス内も同様です。 全面禁煙とするか、または専用の喫煙室を設置する必要があります。

厚生労働省発行「すすめていますか? たばこの煙から働く人を守る職場づくり」より引用

喫煙室の設置も、ただ設置すれば良いのではなく、出入口の風速など、細かく規定が定められています。 このような規定を守る喫煙室が設置不可能な場合は、全面禁煙とするしかありません。

従業員への対応

事業者は、従業員が受動喫煙しないように、措置を講ずる努力義務が課せられています。 これは、喫煙可能な場所がある飲食店などで、従業員が受動喫煙をしないようにする対策を行う、というものです。 その他にも、禁煙を希望する従業員に対しサポートするなど、事業者は受動喫煙対策として、広く禁煙に対する取り組みも求められています。  


弊社が例年出展している「オフィス防災EXPO」、ここ数年同時開催の展示会で、喫煙ブースや禁煙対策に関するサービスを出展する企業が多かったのですが、背景にはこのような法律改正があったのですね。

さて、オフィス防災EXPOですが…本来予定されていた2020年4月15日~17日での実施は、新型コロナウイルス対応のため延期されました。 新たな会期は、2020年10月14日(水)~16日(金)、場所も変更となり千葉市の幕張メッセで行われます。 →再度変更となりました。新たな会期は、2020年9月16日(水)~18日(金)、会場は幕張メッセです。 レスキューナウも、幕張メッセで行われるオフィス防災EXPOに出展予定です。 多くのお客様のご来場、お待ちしております。